So-net無料ブログ作成
検索選択

美容柳とアジサイ

やっと梅雨らしくなって紫陽花が潤んでいます。


美容柳の水滴がきれいでした。


resize0133.jpg


resize0125.jpg


resize0126.jpg


resize0136.jpg

resize0135.jpg

resize0134.jpg

紫陽花

梅雨入りしても雨が降りません。


紫陽花も心なしか色の輝きが少ないようです。


炎天下ですが負けずに咲いています・


resize0123.jpg


resize0122.jpg


resize0127.jpg


resize0128.jpg


resize0129.jpg

ピンクの平治岳

9日は仕事を休んで平治岳へミヤマキリシマを見に行きました。


ネットの情報と天気予報を見比べて、この日しかないとの判断です。


10時半に家を出て、1時半に吉部着。いつものように大船林道の橋を


渡った所から右の林道に入っていったのですが、すぐに踏み跡が分からなくなり


引き返して、手前の登山道から登り始めました。いつもは帰りのルートなのですが


仕方ありません。林道終点からいつもは平治岳トラバース道から大戸超へ抜けるのですが


夜道で迷うのを避けようと坊がつるからの迷いようのないコースを登り始めました。


何年も使った事がなかったのですが、ガレ石とぬかるみの歩きにくい道で下を照らしながら


歩いていたら、トラバース道との合流点を見逃してトラバース道の方へくだったいました。


YAMAPを使っていたので、間違いに気付きすぐに引き返しましたが、夜の登山は用心が


肝心です。大戸越に着いたときは夜も明けてきました。山頂で日の出を迎えたかったのですが、


30分程予定が狂い中腹で陽が登ってきました。朝日に照らされた山はオレンジ色に染まり


満開のミヤマキリシマが向かえてくれました。もっと人が溢れてると思っていましたが流石


平日、少な目のカメラマンが岩の上に陣取っていましたが、まずまず静かな山頂でした。


今年は例年にない程の見事な満開でした。体力を考えるとあと何回こんな景色を見ることが


できるのでしょうか。弁当を開いて尾根を見ながら満開の景色を堪能し、少し陽が上がった頃


写真を撮りながら一周し仕事を休んでも来た価値があったと納得させました。


8時半を過ぎたころ、関西弁で大声を発しまくる団体さん一行が現れて山頂が一気に騒がしく


なってきました。もう少し10時くらいまで浸って居たかったのですが、ここらが潮時と下山を


決めました、大戸越迄の下山道は登り道より遥かに歩きやすく、登りのルートはなんとかして欲しい


ものです。帰りに鳴子川右岸のルートを通ってみましたが、去年5月とは途中のルートが


変わっていました。ちなみに夜迷った地点は昼間は何の問題もありませんでした。夜は魔物


かも知れません。


resize0114.jpg


resize0115.jpg


resize0118.jpg


resize0116.jpg




resize0120.jpg


resize0119.jpg


resize0117.jpg


resize0121.jpg


能古島

先月の能古島です。


若い人が多く華やかでした。一面に広がる花は壮観でした。


resize0110.jpg


resize0111.jpg


resize0112.jpg


resize0113.jpg

メッセージを送る